13日 12月 2018
昨日の愛の風で話題になった脊椎の4番目(上から)と6番目に響かせる発声法。早速写真を団員がゲットしてくれた。実は午前中の第九でも中間部ppで長く歌う部分があり、6番に響かせて響きを曲げる図式を説明した。これはフスラーが提唱した理論。確かに鼻腔共鳴にしろ4番と高音での6番は有効な手段である✨すぐ反応する愛の風の面々。素晴らしい✨
12日 12月 2018
お昼は放唱会(放送大学の先生方の合唱団)そして午後から女声合唱『愛の風』。そのあとに何とイベントのクリスマス会(放送大学)。そこで合唱を披露。ジングルベル、讃美歌(神よ)、モーツァルトのAve verum...
10日 12月 2018
久しぶりの温泉旅行。山梨の富士屋ホテルに来ています✨ワイナリーでワイン🍷(私はジュース)、昇仙峡、温泉を満喫。
09日 12月 2018
高校時代のクラスメートからモーツァルトのレクイエムの招待状が届き、観賞。考えてみれば高校の授業でその数曲を歌ったのがモツレクの始めだった。合唱祭も我がクラスは優勝。秋山(加藤)さんは合唱部ではなかったが明るい声でよく歌っていたのを覚えている。今でも合唱団で歌っているなんて素晴らしい🎉✨😆✨🎊。久しぶりのモツレクを楽しめた。オケがもう少し優雅なフレーズが欲しいような気もしたがこちらもアマチュアなのでよくやっていると感じた✨。加藤さんありがとう🎵
08日 12月 2018
昨日のノア♪音律が合わないで苦労。それぞれの調で音階のピッチ(これは発声によるものと合わせられる耳)が合わないで苦労。まあそれが練習なのだが☺️GAHCでは特にそれが大事。初心者に多く見られる現象のひとつ。午前中指導した船橋の小学校もそう。TBSの東日本も声と音律(ピッチの響き)の精度が大きな要素。そこまであがってきている🎵
07日 12月 2018
今日の市川男声の練習。このところ音律感覚をそろえることに重点を置いている。旋法ともいえる音程の綾はお互いがわからなければ絶対にひとつにならない。先ずは二人で🎵と思って私と合わせるがなかなか合っていかない(//∇//)当分は時間がかかりそうだ、
07日 12月 2018
36年前の演奏がyou.tubeにあった。千葉大学合唱団学指揮としての最終ステージ習志野文化会館。指揮栗山文昭
06日 12月 2018
春コンの審査委員が決まりました。面白そう✨どうなるかわかりませんが、作品と向き合ってよい演奏が聴きたいですね✨
06日 12月 2018
 市川五中の時に合唱部で教えた菅谷茉友(マユ)さんが昨日行われた毎日コンクールで見事全国大会一位になりました。五中合唱部時代はとにかくいつも鼻歌を歌っていた子です。でも負けずでしょっちゅう私に泣かされていた?(決して涙は見せなかったけど)。素晴らしいモーツアルトだったんだろうな。今度披露演奏会が楽しみです。本当におめでとう!
05日 12月 2018
 午前中は放唱会。クリスマスコンサートに向けての練習。毎回35分の短い時間なのでなかなか思ったような細かい練習ができない。発声や声の出し方、フォルマントのしっかり出せる合唱にしたいのだが・・。愛の風は午後からの練習。同様に音律感覚を指導。この感覚、結構耳の訓練でもあることが最近分かってきた。結構みんな聴けていない。少しづつかな。

さらに表示する